主にゲームと自分の話題が主体のブログ

ベルセリア体験版

テイルズオブベルセリアの体験版が配信されていたのでやりました。いつの間にか配信されてたってレベル。

体験版は300MBと驚きの少なさ。内容もかなり短くチラ見せくらい長さでしたね。もう少し長くてもよかったのでは?
シナリオモードとバトルモードとありますが内容が短いのでほとんど一緒のようなものですね。

戦闘は今作もグレイセスベースのシステムですね。今作はグレイセスA技にあたるものを方向キーをなくしてそれぞれ◯✕△□ボタンに割り振ったような感じの攻撃パターン。攻撃に全ボタンを使うので従来の□で防御をやろうとすると混乱しますねw
ちなみにガードはL1。ボタンの配置が変わった途端操作がぎこちなくなるおじさん。

ボタン配置によって性能が変わる技も少しあって連携を自分でカスタマイズできる点はいいですが、自分で全て設定するとどこに何を配置したかを憶えてないと訳が分からなくなるのでちょっと複雑かもしれない。グレイセスのように固定技がないので憶えるまでが大変そう。

ゼスティリアでひどかったカメラワーク、味方のAI、フレームレートは軒並み改善されて(元のスペック並)に戻ってて一安心といったところ。なぜゼはあんなにひどかったのだろうか・・・
ただカメラワークも全体を見渡せない感じなので、味方と敵が何をやっているか分からなくなる場面はたまにありますね。敵がドアップで見えないとか壁に阻まれるとかそういうクソな状況にはならないです。ゼスティリアよりマシというだけでだいぶよくできてるなぁと思えてしまう錯覚。

ベルセリアのSG(ソウルゲージ)を使ったシステムはなかなかおもしろいですね。連携数とかブレイクソウルに関係してくるので、これを管理しながら戦うのは楽しそう。ブレイクソウルはそれぞれのキャラで特色が出てて面白いですね。

使ってみた感じベルベットとマギルゥが使いやすかったかなぁという印象。ベルベットはブレイクソウルをガンガン使っていってもどんどんSGが増えていくのでずっと連携し続けられる正直言ってチートじみた性能をもってますね。HPが減るというデメリットを感じさせない強さがある。グレイセスのアスベル並のチート性能を感じる。さすが主人公スペック。

マギルゥはブレイクソウルが相手の詠唱キャンセル+詠唱カウンターがなかなかに強力。複数で詠唱する敵パと当たったらカウンターで無双できますね。術メインなキャラですが設置技や連携を使って立ちまわると結構バンバン詠唱できるのでいろいろ楽しい。

こんな感じですかね。シナリオのほうはあまりにも短すぎる上に途中の一部みたいな感じで正直どういう状況なのか全く分からないのでスルー。戦闘システムはなかなかよかったのであとはシナリオがまともなら買おうかなぁと思うところ。前作の胸糞ストーリーのことがあるので戦闘が良いからといってうかつに手は出せない。

TOZ総評の記事の時に様子見に徹すると言ったので発売直後に買うことはまずないですね。同じ轍はもう踏まん。シナリオがまともであることを切に願うよ・・・

それではまたー。

繰り返してはならない歴史

ゲームを評価するサイト「ゲームカタログwiki」でテイルズオブゼスティリアがクソゲー判定を受けました。
テイルズオブゼスティリア
やっぱりなという結果。テイルズのマザーシップタイトルの面汚しになってしまいました。
この記事にはみんなが思ってるであろうゼスティリアの問題点を一通り書いてくれてあるので、気になる人は一回見てみるといいかもしれません。KOTYにはノミネートされないがまごうことなきクソゲーというのがゼスティリアの立ち位置でしょうね。

テイルズシリーズはこれまで普通から良作判定をずっと出し続けてきてこれですからなんとも悲しいですよねぇ・・・今後はこの黒歴史が繰り返されないことを願うのみですね。

だんだんとシリーズものも信頼できない時代になってきているので贔屓目なしでしっかりゲームに向き合っていくことが大事なのかもしれないですね。

それではまたー。

音楽の力

少し前にテイルズオブゼスティリアのサントラを買いました。
ゼスティリアサントラ
サントラの値段は奇しくも私がゼスティリアを売った時に得たお金の4500円くらいでした。ゼスティリアの価値は音楽しかなかったんだな。

ゼスティリア自体はクソですが、音楽に関しては非の打ち所がないくらいクオリティが高いのでサントラは何が何でもほしかったですね。

さてこのサントラDISC4枚構成で、DISC1,2,4が桜庭統作曲の楽曲、DISC3が椎名豪作曲の楽曲という構成になってます。作曲者別に分けてきたのは分かってる。
桜庭氏の曲は
・聖哲なる者 TOZ ver.(おそらく誤植で立ちはだかる強敵のTOZverが正しいと思われる)
・奮い立て、己の心
・光明は己の中に
が好きですね。

立ちはだかる強敵はギガントモンスター戦の曲。ヴェスペリアからの曲のアレンジで、今作では壮大な感じにアレンジされててとてつもなくかっこいいです。原曲の渋い感じも好きですがこれもなかなか。

奮い立て、己の心はボス戦のBGM。これぞ桜庭って感じの曲ですね。

光明は己の中にはデンジャラスエンカウントのBGM。これはボス戦で流れてもおかしくないくらいの緊迫感のある曲。

桜庭曲も素晴らしい物があるんですが、今作はやはりなんといっても椎名曲がすごいですね。
DISC3が椎名曲なんですが、
・流浪のザビーダ
・試されし焔の絆
・水の調べは霊霧の導き
・Rising Up
・ねこにん道
が好きですね。もうほとんどといってもいいかもしれないw

流浪のザビーダはザビーダ戦の曲。爽やかかつかっこいい戦闘曲です。

試されし焔の絆は火の試練神殿のBGM。最初にこのダンジョン入って聞いたときは鳥肌モノでした。おしゃれで壮大な良曲です。

水の調べは霊霧の導きは水の試練神殿のBGM。理不尽ダンジョンの唯一の癒しとなっていたのがこの曲。壮大なるトラウマ曲。

Rising Upはティアマット戦後半のBGM。ゼスティリアの中で一番盛り上がれるであろう曲。正直ヘルダルフとかなくしてドラゴンをラスボスにしてこの曲流せばよかったんじゃないかくらいのクライマックス感漂うBGMです。

ねこにん道はねこにんの里のBGM。ねこの名の通りにゃんにゃん言ってます。これが妙に中毒性があるw
そしてこの曲のもう一つの特徴が転調ですね。最初はネコの鳴き声をメインにしたパートで、そこからヴァイオリンパート、ボイスパーカッションのパート、ビット音源風のパートなどなど曲の節々で聞き所となる部分があるのでとても完成度の高い曲です。懐かしくも新しいそんな曲。正直これがゼスティリアのBGMの中で一番好きかもしれないw

とりあえずサントラは楽曲の数々は素晴らしい物揃いなので買って損はないと思います。本当にゼスティリアは音楽だけだったんだなぁ・・・(遠い目)
それではまたー。

TOZ総評

テイルズオブゼスティリアをクリアしたので総評をしていきたいと思います。総評というか酷評になりそうですけどね(苦笑い)
もう言うまでもないですがテイルズオブゼスティリアというゲームはクソゲーです。今までやってきたRPGの中で一番ひどかったです。あの残念ゲーだったテイルズオブエクシリアを凌ぐほどの作り込みの甘さが目立った作品となってしまいました。

さてそんなダメダメなゲームを各項目毎に振り返っていきたいと思います。
長くなるので続きからどうぞ。
続きを読む

TOZプレイ記7

テイルズオブゼスティリアを昨日クリアしました。やっと解放されるよ・・・このゲームから。
そして今日ゲオで売ってきました。4500円でした。多少値は下がっていたもののそれなりの値段で売れたのでまあいいかなと。ちなみにゲームを売りに行ったのは人生でこれが初めて。いくらゲームに飽きても売ることなんてなかったのにこれはもう売りたくて売りたくて仕方がなかった。少しだけ怒りがおさまったような気もしますが、裏切られた失意の気持ちはいつまでたっても消えることはないでしょう。

さて今回もプレイ記を書いていきます。これでプレイ記はお終い。
今回はグレイブガンド盆地(ティアマット戦から)

続きからどうぞー。
続きを読む
プロフィール

Author:ペティロ
住処:静岡県
好きなこと:ゲーム(主にRPG)、野球観戦

バロメーター
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

カテゴリー
最近プレイ中のゲーム

俺タワー

グランブルーファンタジー

とりまイベント周回で

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
ツイッター
リンク
カレンダー+最終更新日
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
人気記事
Tenco!レート
RSSフィード
ブログパーツ